諦めない!AGA治療薬で解決!

薄毛がある程度進行してしまうと、なんとなく自信を失ってしまったり、人前に出ることも控えるようになってしまうことがあります。
また、中には薄毛の進行は止めることができないと、諦めてしまっている人もたくさんいるでしょう。
しかし、最近は薄毛の原因とされるメカニズムについてもある程度解明されてきており、それに対応する薬も市場に出回るようになってきていますから、薄毛を諦めてしまうのは早いかもしれません。

これまで薄毛を止めることができなかったのは、その原因がよく分かっていないかったらということが挙げられますが、最近では薄毛の原因の一つとして、体内の酵素がかなり関係しているということがわかってきました。
その酵素の働きは、身体的には必要ではありますが、過剰に分泌している状態は髪の毛の成長を途中で妨げてしまうといわれています。
ですから、この酵素の働きを抑制するためのAGA治療薬を服用すれば、薄毛の原因の一つである酵素の働きを抑制し、薄毛を改善させる可能性が高くなります。
では、実際にどのような仕組みで薄毛が改善していくのかというと、まず、髪の毛にもある一定の周期があり、サイクルがありますが、AGA治療薬を継続して服用するとこのサイクルが正常化すると言われています。
サイクルが正常化すれば、途中で髪の毛の成長が止ってしまうということはなく、正常な髪の毛と同じように、最後まで太く強く髪の毛が成長していくことになります。

このAGA治療薬については、一日に一回服用すればよいということになっていますから、治療法としてはそれほど難しいものではありません。
ただし、AGA治療薬を服用すればすぐに効果が現れるのか、どのくらいまで薄毛が改善させることかといったようなことは個人差があります。
ですから、もしもAGA治療薬を服用するのであれば、自分でどのくらいまでであれば満足が行くかということを念頭に置きながら、薬を服用することが大事になってきます。
AGA治療薬は、主に医療機関で処方してもらうか、自分でネット通販を利用して購入する必要があります。

育毛剤の種類について

育毛剤は、まず自分の症状に合ったものを選びます。育毛剤は大きく4つに分けられます。
男性の多くが該当するAGAの場合は、男性ホルモンを抑えるタイプを選びます。
AGAでは男性ホルモンのテストステロンがデヒドロテストステロンに変わり増加することで引き起こされます。
このタイプではテストステロンの変換を防ぐために、5αリアクターゼの分泌を抑えます。

次に生活習慣が乱れてる場合は、血行を促進するタイプが良いです。
正常に発毛するためには、血液中に含まれる栄養分がしっかりと頭皮に届くことが欠かせません。
しかしストレスや運動不足、食生活などで血行不良を引き起こすと栄養が行き届かなくなり、毛根の働きが弱くなるため抜け毛が増えます。
このタイプは血管を拡張する効果があり、以前主流の育毛剤でした。比較的早く効果を出すためには、毛母細胞を直接活性化させるタイプを選びます。
育毛剤が発展する中で、髪の毛を作る毛母細胞に直接働きかけるという新しいタイプです。
現在通販などで人気がある商品はこのタイプに含まれています。

そして髪の毛に栄養を与えたい人は、毛根に栄養を補給するタイプが適しています。
栄養素を内側ではなく外側から補います。カラーリングなどでキューティクルが剥がれた女性などに有効です。
自分に適した育毛剤のタイプが分かったら、その中から安全性や評価を確かめます。現在は問題となる副作用を持った商品はありません。
しかし使用感の違いや、含まれる成分が天然由来であるかなどによって優れた商品かが分かります。さらに価格にも注意が必要です。
育毛剤は少なくとも半年間は続けないと効果がありません。自分の経済状況と比べて継続可能であるかを判断します。

人気のミノキシジルにおける副作用

発毛に高い効果を発揮すると言われるミノキシジルですが、一方で隠れた副作用が存在することでも有名です。
副作用があることを理解した上で使用しなければ、思わぬ落とし穴に嵌ってしまう危険性が潜んでいるのです。
元々ミノキシジルとは、血圧を改善するために作られました。その際、育毛にも影響を与えることがわかり、育毛剤に使用されるようになったのです。
ミノキシジルは育毛剤のほとんどに配合されており、ある程度の発毛効果が認められています。発毛専門クリニックでの治療にも使われることが多く、その効果の高さがうかがえます。
ただ、このミノキシジルは臨床検査の結果、若干の副作用があることがわかっています。すべての利用者のうち10%以下という少ない割合ではありますが、副作用が報告されました。
一番多い副作用の症状が頭皮の痒みでした。また、炎症が起きたり湿疹ができるなどの症状が現れる場合もあります。

これらの症状は育毛剤に含まれるミノキシジルの含有量が多ければ多いほど発生しやすいです。成分が多く含まれているほど発毛効果も高いのですが、その分リスクもあるということです。
頭皮以外の副作用としては、眠気や頭痛、体全体がむくむなどの症状が現れる場合もあります。
発毛効果を期待するあまり、ミノキシジルの含有量が高い商品を選んでしまいがちですが、健康のことも考えると、副作用のリスクが少ないものを選んだ方が無難かもしれません。
最近ではミノキシジルの含有量が少ないながらも高い発毛効果を発揮する育毛剤が販売されています。価格は高額の場合もありますが、安くて副作用のリスクが高いものを使うよりは良いでしょう。
ミノキシジルが発毛に有効な成分であることは間違いありません。それだけに用法と用量を守って副作用の出ないような使い方をするべきです。