最近CMなどでも話題になっているAGA(男性型脱毛症)ですが、放置してしまうと症状はどんどん進行して治療が不可能になってしまうこともあります。しかし、そのようなAGAの悩みを解決するための治療薬なども開発されています。当サイトではAGAの原因や治療薬、お得に入手する方法についてを中心に紹介していきます。

Year: 2018

Article list

no image

正しい薄毛予防ケア

薄毛は、男性にとっても女性にとっても深刻な問題の1つに数えられます。薄毛が気になり始めたら、早めに対策をすることで、改善に導くことも可能なのです。 そこで、薄毛について解説していきます。まず、薄毛の原因ですが、男性の場合は、主に遺伝が関連していると考えられています。 特に、遺伝的に男性ホルモンの分泌量の多い人ほど、薄毛や抜け毛になりやすく、髪の成長が抑制されやすくなります。そして、女性に多い薄毛の原因は、女性ホルモンの1種であるエストロゲンが不足するためです。 40代以降の女性になると、エストロゲンの分泌量が不足する傾向にあります。エストロゲンは、髪の成長や生まれ変わりを促進するホルモンであるため、それが不足することで、薄毛や抜け毛の原因になってしまうのです。 さらに、男女ともに共通する薄毛の原因もあります。それは、過剰なストレスや不適切なヘアケア、生活習慣の乱れ、喫煙や飲酒の習慣などです。以上のような様々な要因が関連することで、薄毛は誘発されていくと考えられています。 次に、薄毛予防の効果的な方法について紹介します。最も手軽で効果的な薄毛予防方法とは、頭皮マッサージです。頭皮を柔らかく保つことで、血行が良くなり、髪の成長を促す作用が得られます。 マッサージの際には、指の腹で優しく包み込むようにマッサージし、ゆっくりと時間をかけて行います。そして、もう1つの効果的な薄毛予防として、シャンプーの選び方が挙げられます。 シャンプーの種類によっては、成分が全く異なるため、なるべく頭皮に優しく、洗浄力もマイルドなものを選択すると、薄毛予防に効果があります。その他、十分な睡眠と、バランスのとれた食生活も薄毛予防に効果的です。

no image

育毛トニックよりも医薬品がおすすめ

抜け毛を予防することが目的なら、育毛トニックが役立ちます。 シャンプー後の抜け毛を減少させて、髪のボリュームを維持することができます。 すでに髪が減少している状態であれば、育毛トニックよりも医薬品をおすすめします。 医薬品は効果がダントツで高く、育毛剤と発毛剤の効果を比較するとその差は歴然です。 発毛剤は副作用が大きいというデメリットもありますが、普通に使用している分には大きな副作用は起こりません。 気にならない程度の弱い副作用なので、効果のマイルドな育毛剤よりも発毛剤を使用して発毛させるべきです。 医薬品は薬なので、効果と効能をアピールできるのです。 育毛剤にも薬効成分が含まれていますが、医薬品ほどの効果はなく、化粧品に近いと考えていいでしょう。 抜け毛を予防することはできますが、積極的に発毛させるためには向きません。 発毛させるために一番確実なのは、医師の診断を受けてから薬の処方を受けることです。 頭皮診断をして具体的に薄毛の原因を特定していくのです。 原因がわかれば対策も明確となり、原因に対して集中的にケアすることができます。 過剰な皮脂が関係しているならば、皮脂を抑制するために食生活やシャンプーを見直すなどの方法が効果的です。 ストレスが関係しているなら、ストレス解消、早寝早起きなどを徹底し、状況に応じて精神安定剤などを処方してくれます。 医師が処方してくれる薬は、いわばオーダーメイドなのです。 今の自分に最も適した薬を処方してくれるので、ドラッグストアや通販で購入する医薬品よりも効果は上です。 医師の処方薬は個人輸入を利用すれば特別に入手可能ですが、薄毛の原因を特定できない状態では使うのは避けるべきでしょう。

no image

薄毛予防薬をネット注文してみる

薄毛予防薬をインターネット通販で購入する方も少なくありません。 その理由は、病院で入手するよりも安い値段で購入できることや、早く手軽に購入できることなど、値段と利便性の点でメリットがあるからです。 品揃えもネットは充実しており、しかも、周囲の目を気にせずに一人でじっくり商品を選ぶことができます。 こうした数々のメリットがあるインターネット通販ですが、薄毛予防薬をネット注文するときは、注意しなければならないこともあります。 それは、薄毛予防薬を売る通販業者は一つではなく、さまざまな業者がいるということです。 全ての業者がまともで真摯なところであれば問題はないのですが、中にはいい加減な業者や悪質なところも紛れこんでいます。 そしてそうした評判のよくない業者では、偽物が販売されていることもあるので、これに注意しなければなりません。 偽物を買ったらどうなるかといえば、もちろん本人が希望する効果が得られないことはもちろん、法律上認められていない成分が入っていた場合は、体に害が及ぶこともあります。 こうしたことを考えると、薄毛予防薬をネットで注文するときは、利用する通販業者を慎重に選ばなければならないことがわかります。 大手通販サイトなら安心だという方もいますが、これも断言することはできません。 なぜなら、偽ブランド品に見られるとおり、大手通販サイトであっても偽物が売られるケースはあるからです。 大手か中小かで選ぶより、むしろ業者の長年の実績や評判で選んだほうがいいでしょう。 薄毛予防の販売に的を絞って、その会社にこれまでどれだけの実績と評価があるのか、そこをチェックすることによって信頼度が分かります。 もちろんそうした実績のある会社には、大手がかなり含まれていることは事実です。

no image

ネットでのフィナステリドの評判

男性の薄毛の原因の多くを占めているものにAGAという病気の存在があります。 これはテストステロンという男性ホルモンが頭皮の5αリダクターゼという酵素と出会うことで反応し、そこで発生するDHTという物質が頭髪のヘアサイクルを大幅に狂わせて、健康的な状態だったものがすっかりと栄養不足に陥って抜け落ちていってしまうという症状のこと。 これを治療するにはフィナステリドと呼ばれる成分を含んだ特効薬を服用することが求められます。 フィナステリドはもともと前立腺肥大症の特効薬の開発中に偶然発見されたという成分で、日本の医療機関でもAGA由来の薄毛治療薬としては唯一このフィナステリドを含むプロペシアという錠剤が認可を受けています。 フィナステリドにはその服用に際して幾つかの副作用の可能性も指摘されているのですが、このプロペシアに関しては日本人の体質に見合った錠剤として認められていることもあってその副作用の発症率も低く抑えられているのが特徴的です。 ただし、通販などで海外の医薬品を取り寄せて服用している人も多く、それだと含有量などが異なってくるので副作用への注意が必要になります。 ネットでの評判ではやはりフィナステリド配合の錠剤を服用することで性欲が減退してきたり、あるいは勃起不全になるなどの症状を打ち明ける人が多いのが特徴的です。 一方、それ以外の肝機能障害や鬱症状といった副作用を訴える人はほとんど見受けられず、これらの可能性を感じた時にはすぐに服用をやめたり、かかりつけの医師に相談するなどの対処法をとることですぐに問題を解決した人も見受けられます。 いずれにしてもネットでは、特にプロペシアに関してはそれほど副作用を怖がる必要はなく、まずは使用していく中で違和感を覚えたらすぐ医師に相談するというスタンスで臨むのが望ましいという声が多くを占めています。

no image

AGAが改善できるまでの費用

病院で専門的な治療を受ける事でAGAを改善させる事が可能ですが、病院を利用する際に心配になってしまうのが費用面についてではないでしょうか。 決して安くないお金が必要になりますが、どの程度の費用が掛かるのか解説します。 AGA治療に掛かる費用は治療法によって異なりますが、まずは定番の治療薬を利用する治療法についてです。 治療薬を利用する際の費用としては、大体月に1万5千円程度の費用が掛かるようですので、年間で考えてみると十数万円は必要になります。 ただ1年で回復できる訳でもありませんし、数年間の治療を受けるとなるともっと大きなお金が掛かる事になります。また、治療を受けて無事に回復させる事ができた場合でも、費用の発生が無くなる訳ではありません。 治療薬を利用して回復させた場合、治療薬の利用を止めてしまうとAGAがまた発症してしまう事になるのです。その為、治療薬で薄毛対策をし続ける限り費用が必要になると考えておかなければいけません。 他にもAGAへの治療法として自毛植毛を行う方法もあります。自毛植毛の場合、治療薬を利用する時のように薬を利用し続けなければならないという事はありませんので、治療を行ってしまえば今後のコストは気にせずに済むという良さがあります。 自毛植毛の場合ですとどの程度の費用になるのかと言えば、1000株程度を植える場合ですと100万円前後の費用が掛かる事があるようです。 もちろんもっと沢山植えたい時にはさらに費用が掛かる訳ですので、経済的に余裕がないと受ける事が難しい治療と言えるかもしれません。 このように自毛植毛ですと費用が高くなりますので、多くの方はコストを抑えられる治療薬による対策を選ぶようです。

no image

AGAの治療薬は通販で購入すると安く入手できる

薄毛は何もしなければ、徐々に進行していって、最終的には頭頂部や前頭部の髪の毛が全くなくなってしまう恐れがあります。 年齢が高い人であればある程度仕方がないと割り切れるかもしれませんが、年齢が若い内から薄毛が進行してしまうAGAによる薄毛の場合は、何とかしたいという気持ちになるかもしれません。 そこで、最近では、AGAによる薄毛の原因などが科学的に判明しつつあり、AGAによる薄毛を改善させることが可能な治療薬も販売されるようになりました。 この治療薬を服用すれば、必ず薄毛を改善させることができるというわけではありませんが、多くの人がその効果に満足しているといわれていますから、一度服用してみるとよいかもしれません。 もしも、AGAの治療薬を服用しようと考えているのであれば、AGAの治療を行っている医療機関に行って処方してもらうか、通販で購入するという方法があります。 どちらが良いかどうかは人によって違うと考えられますが、費用については圧倒的に通販でAGAの治療薬を購入した方が安いということになります。 特に医療機関で受診する際は、保険が適用されませんから、治療費は10割負担になりますし、薬のお金もかなりかかってきます。 しかし、通販で購入すれば、かなり安い費用で購入することができます。 さらに、フィンペシアなどのAGA治療薬のジェネリックを購入すれば、費用をもっと安くすることができます。 医療機関で処方してもらうよりもお得になるので、通販サイトでフィンペシアを購入してみましょう。 ただし、購入するのは薬になりますし、AGAの治療薬の場合、海外からの取り寄せとなることがほとんどなので、購入する際にはしっかりと調べてから購入することが大事になってきます。 信頼のおける会社から治療薬を購入したいのであれば、信頼性のある通販サイトを探す必要があります。

no image

AGAの原因は遺伝も関係している

現在、薄毛のタイプの一つであるAGAの原因がだいぶ科学的にもわかるようになってきました。 AGAの原因の一つとしては、男性ホルモンから変換したホルモンがAGAを引き起こしているといわれています。 ですから、単に男性ホルモンが多ければ、薄毛になるかというと、直接は関係がないということが言えるでしょう。 そしてなによりも、男性ホルモンをAGAの原因となっているホルモンに変換してしまう酵素が薄毛と大きく関係があるとされています。 この酵素の働きにより、男性ホルモンが変換されることにより、頭頂部や額の生え際にある髪の毛に栄養がうまく行き渡らなくなってしまうと考えられています。 ですから、AGAの治療を行うのであれば、男性ホルモンを他のホルモンに変えてしまう酵素の働きを弱める薬を服用するという治療法を行います。 しかし、男性ホルモンは誰でももっているホルモンであり、AGAの原因とされるホルモンについても同様に体内には常にあるものです。 だからと言って、誰もが薄毛になるわけではなく、ならない人もたくさんいます。 そこで、こういった問題には遺伝も大きく関係していると考えられます。 遺伝によって、ホルモンの影響を受けやすいのか、受けにくいのかといったことが関係してくると考えられます。 最近は、AGAを専門に扱っているクリニックなどで遺伝子検査を受けることができるようになってきています。 この遺伝子検査でわかることは、自分がAGAなのかどうか、薬を服用した場合、どの程度の効果を得ることができるのかといったことについてある程度判明させることができるようになっています。 今後も遺伝の研究が進めば、より薄毛のメカニズムについても解明が進むかもしれません。