男性の薄毛の原因の多くを占めているものにAGAという病気の存在があります。
これはテストステロンという男性ホルモンが頭皮の5αリダクターゼという酵素と出会うことで反応し、そこで発生するDHTという物質が頭髪のヘアサイクルを大幅に狂わせて、健康的な状態だったものがすっかりと栄養不足に陥って抜け落ちていってしまうという症状のこと。
これを治療するにはフィナステリドと呼ばれる成分を含んだ特効薬を服用することが求められます。

フィナステリドはもともと前立腺肥大症の特効薬の開発中に偶然発見されたという成分で、日本の医療機関でもAGA由来の薄毛治療薬としては唯一このフィナステリドを含むプロペシアという錠剤が認可を受けています。
フィナステリドにはその服用に際して幾つかの副作用の可能性も指摘されているのですが、このプロペシアに関しては日本人の体質に見合った錠剤として認められていることもあってその副作用の発症率も低く抑えられているのが特徴的です。
ただし、通販などで海外の医薬品を取り寄せて服用している人も多く、それだと含有量などが異なってくるので副作用への注意が必要になります。

ネットでの評判ではやはりフィナステリド配合の錠剤を服用することで性欲が減退してきたり、あるいは勃起不全になるなどの症状を打ち明ける人が多いのが特徴的です。
一方、それ以外の肝機能障害や鬱症状といった副作用を訴える人はほとんど見受けられず、これらの可能性を感じた時にはすぐに服用をやめたり、かかりつけの医師に相談するなどの対処法をとることですぐに問題を解決した人も見受けられます。
いずれにしてもネットでは、特にプロペシアに関してはそれほど副作用を怖がる必要はなく、まずは使用していく中で違和感を覚えたらすぐ医師に相談するというスタンスで臨むのが望ましいという声が多くを占めています。